伊豆高原クラフトの森フェスティバル公式サイト  
お問い合わせ   
 
秋のクラフト展 出展作家の方へ 周辺観光情報 会場のご案内&MAP リンク
大室山麓に広がるさくらの里にて毎年10月開催 秋のクラフト展

伊豆高原のどこからも見える、まん丸のおにぎりのような「大室山」

伝説では富士山のお姉さんで「このはな さくや姫」と言われています。ふもとには富士山と繋がっていると言い伝えもある「大蛇の穴」もある霊気に満ちた休火山。

さくらの里は、そのふもとに広がる、平和で安全な広場です。体の不自由な方が安心して利用できるようトイレが新しく設置されました。
40,000uに広がる広大な敷地に、40種3,000本の桜の森、花の絶えることがありません。

この暖かい森と芝生の広場に、130のブースが伸び伸びと展開しています。2010年で12回目を迎える、伝統あるクラフト展になりました。音楽や飲食のない、静かで純粋にクラフトを楽しむという、全国的にも珍しいイベントです。静かな空気の中、クラフト作家とゆっくり話ができると来場者から好評をいただいています。

 
イメージその1 イメージその2 イメージその3


会場周辺は4つの大駐車場があります。

子供達の憩いの場でもあるさくらの里に、数年前から「ツリークライミング」「絵本の館」「スタードーム」など親子連れでも楽しめるプログラムが加わりました。

ツリークライミング
スタードーム
太極拳
ヨガ


さらに歩き疲れた体を、「大室山の霊気を感じながら体をリフレッシュするひと時を」というテーマで、ヨガや太極拳の無料体験広場も開催されています。

また、自然案内人による「大室山お鉢めぐり」も行われています。山頂から見える富士山、伊豆七島の絶景をお楽しみください。


会場内にある「石のステージ」 では大型のダイナミックな生け花の展示。森本先生が渾身の作品をつくりあげます。右は過去の展示品

伊豆高原には多くの芸術家、クラフト作家が在住し、春秋のクラフト展の他、5月には伊豆高原にあるお店、別荘、学校が会場となる”アートフェスティバル”が行われています。
生け花
体験村
山麓ギャラリー

クラフト作家の方は「体験村」というグループを作り常時工房でクラフト制作の体験が可能です。これらの工房などを紹介する「伊豆高原芸術の森散歩マップ」を参考にしてください。


広々した会場をゆったりと楽しんでいただくためにギャラリースペースとして「大室山・山麓ギャラリー」を展開しています。作家の自由な空気を存分にお楽しみください。
 
2015年の会場の様子
 

 

●2017年度「第19回クラフトの森フェスティバル」無事開催されました!!
 開催日:2017年9月29日(金),30日(土),10月1日(日)
 会場  :伊東市伊豆高原 大室山山麓さくらの里

 何と前日は大雨、最終日も終了後から雨が降り出すという奇跡のような展開で3日間お天気に恵まれました。

 全国から駆けつけて下さった135人のクラフト作家の方も、3万人(三日間)を超す来場者の方々も幸せな時間を過ごされたのではと思います。
 会場の様子は以下の写真でご覧ください。

 来年はいよいよ20周年!!
 会期は10月1週目が連休となる為、これ以上の混雑を避けたいので9月の28〜30日開催となります。ご注意ください。


 今年度開催された催しなど詳細は以下よりダウンロードできるパンフレットでもご覧いただけます。
 

 パンフレットダウンロードはこちらから→パンフレットPDF印刷

 ※印刷できないという方は下記事務局までご連絡ください。


 
 
 
ヨガ体験
ヨガ体験
飴細工
飴細工
広いスペースを見事に使う
広いスペースを見事に使う
お子様も大歓迎
読み聞かせお子様も大歓迎
石のステージで活け花のパフォーマンス
活け花パフォーマンス
会場は大賑わい
大賑わい
皮が並ぶ
皮作品

 

会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子
会場の様子


 

 


19年一緒の実行委員

スタッフ集合写真
クラフトの森フェスティバルスタッフ
若手の実行委員も増えて益々力強い本部です

 

伊豆高原クラフトの森フェスティバル事務局
静岡県伊東市大室高原9-224
E-mail kirari@hrzn.co.jp
E-mail izualice@yahoo.co.jp
Copyright(C) 2017 Izukogen Craft Festival All Right Reserved.